関東草野球リーグ大会


2020年度 第28回関東草野球リーグ選手権大会
大会21日目 ~10/17・10/18~
 第28回関東草野球リーグ選手権大会は大会21日目を迎え、雨天グランドコンディション不良で土曜大会の全試合と日曜大会の一部試合が中止、各階級で計58試合が行われた。
 2部Bの市川ホーネッツは先制・中押し・ダメ押しと効果的に得点を重ね完勝し首位をキープ。2部DのJクラブは先発・阿久津(賢)が6回参考ながらノーヒットノーランの快投を披露。2部FのみつおJAPANは先発・南野が鮮やかに完封勝利。3部Aのダイバースは3回に堤の特大弾で先制すると、そのリードを先発・石塚が最後まで守り切り、全勝同士の首位攻防戦を制した。4部DのFLは打っては2番江原が2安打3打点、投げては先発・向山が10奪三振の力投で投打に快勝。5部CのGang Baster’sは草野球デビュー戦となった大髙が3安打2打点&好リリーフを見せ、チームの勝利に大きく貢献。5部DのGIANT EXPRESSは今シーズン初先発の市川が1失点の好投で見事に完投勝利。5部Hのグロリアスは田崎の2点打や松本の走者一掃打など打線がつながり6回コールド勝利。初級部KのOLD FOXは毎回得点の猛攻で大勝し、グループ優勝に王手をかけた。



チームの活動スタイルに合わせて選べる関東草野球連盟主催の『草野球三大大会』


主催 関東草野球連盟

 本サイトに含まれるすべての情報及び画像等の著作権、その他一切の権利は、関東草野球連盟及び関東草野球リーグに帰属します。
 本サイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製、転載することは禁じられています。